府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

 (社)桜風会 介護老人福祉施設あいあい桜が丘(門田悦治理事長)は、桜が丘住宅団地を購入した職員に対する「定住奨励金(30万円)」制度を設けている。この制度による贈呈式を1月20日(火)に行った。同社は平成24年10月にこの制度を創設しており、昨年の10月に戸成義則市長の要請を受け、当初は10万円だった奨励金を30万円に増額した。

 贈呈式で門田理事長は「家族全員で移り住んでくれることは大変嬉しいし、私も『桜が丘団地販売促進協議会』のメンバーとして少しでも府中市のお役に立てたのであれば幸いです」と話された。この制度の第1号となったのは、同施設で働く20歳代の女性介護士で「夫と子どもの家族3人で、福山市から引っ越してきました。子どもが1歳になるので、仕事と家庭の両立を考えて桜が丘にマイホームを建てることを決めました。この制度を利用できて素直に嬉しいです」と喜んでいた。

 また、同施設は職員の確保対策の一環として、同団地の一画を購入し単身職員用の共同住宅(4戸)を建設しており、4月1日(水)から入居を開始する予定。

あいあい桜が丘 イラスト設備図-4 あいあい桜が丘

▲ページトップ