府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

オオムラサキの里
(Oomurasaki-no-sato)

オオムラサキの雄
これがオオムラサキの雄、雌は羽の色が地味…です。

1980(昭和55)年に、僧殿町で『国蝶オオムラサキ』が発見されて以来、『国蝶オオムラサキを守る会』がつくられ、地道な保護活動を続けています。毎年6月中旬から8月上旬にかけて、その美しい姿を見せてくれます。 また、毎年7月の第1日曜日には『オオムラサキを自然にかえす集い』が開かれます。

新しく観察ネット、休憩所等を造りました。 運がよければ、羽化の瞬間に立ち会えるかも。
国蝶『オオムラサキ』
昆虫類チョウ目タテハチョウ科
Sasakia charonda charonda (Hewitson)
1957(昭和32)年日本昆虫学会により国蝶に指定される。 羽根を広げるとオスは11~13センチメートル、メスは13~15センチメートル。環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている。 幼虫の時期にはエノキの葉を食べ、成蝶になるとクヌギやコナラの樹液を吸う。
所在地 〒726-0024 広島県府中市僧殿町
お問い合わせ先 産業活性課
〒726-8601 広島県府中市府川町315
電話:0847-43-7131
国蝶オオムラサキを守る会
電話:0847-43-4597(担当:後藤)

▲ページトップ