府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

設備近代化資金の申込手続きについて教えてください

 

設備近代化のための資金は、政府系金融機関の日本政策金融公庫の、設備資金融資の適用対象となります。

申込手続の例として、日本政策金融公庫の融資を受ける場合は次のようになります。

(1)申込み
 所定の借入申込書を、公庫窓口に提出します。これは郵送でもかまいません。
 借入申込書の用紙は、公庫の各支店においてありますが、郵送を依頼してもかまいません。
 
 申込みに際し、次の書類を添付する必要があります。
 個人営業の場合
  申告決算書
  設備資金の見積書
  これから開業する場合は開業計画書
   開業計画書には資金調達方法、収支見込み、取引先、取引条件などを記載して下さい
   公庫側で用意した書式を利用してもかまいません

 法人営業の場合
  法人の登記簿謄本
  前期の決算書(勘定科目明細書を含む)
  最近の試算表(決算後6ヶ月以上経過している場合)
  設備資金の見積書
  これから開業する場合
   法人の登記簿謄本
   開業計画書

(2)面談
 資金の使いみちや事業の内容・状況について面談調査があります。
 状況説明のために、営業状況や資産・負債の分かる書類を準備する必要があります。
 また公庫の担当者が店舗や工場を訪問することがあります。
 
(3)融資
 融資が決ると、借用証書などの契約に必要な書類が送付されます。
 契約手続が完了すると、原則として指定の口座に融資金が振り込まれます。
 
申込みから融資が決るまでの所要日数は、平均して2週間程度です。
従って契約の時間なども考慮して、資金が必要となる日に間に合うように
申込みをする必要があります。

詳細については、日本政策金融公庫など、融資先窓口にお問い合せ下さい。

 

 [本件担当]
府中商工会議所 
TEL:0847-45-8200
FAX:0847-45-5110
mail:info@fuchucci.or.jp

▲ページトップ