府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

 ㈱オガワエコノス(高木町502‐10小川 勲代表取締役会長)の「エコノスうかい農園」が、広谷保育所の食育体験の場として活用されている。10月8日(木)には、今年6月に園児たちが植え付けたサツマイモの苗が収穫時期を迎え、芋掘り体験を行った。収穫したサツマイモは同保育所で調理して給食などで出すほか、園児が家庭に持ち帰る。

 平成25年に開園した同園は敷地2,500㎡で“食の循環”として同社で製造したエコ堆肥を使って野菜などを作り、スーパーや朝市で販売している。

 農園を管理する同社のロハス事業部工場長 井上英樹さんは「エコノスうかい農園を利用して、地域のコミュニティとして何か活用できないか考えていた時に、広谷保育所から声をかけていただき、今回の食育体験が実現しました。園児たちにこんなに喜んでもらえると思っていなかったので大変嬉しいですね。サツマイモも思っていた以上によく育っていたので良かったです。今後も地域との交流活動の一環として、このような活動を続けていきたいと思っております」と話された。

 詳しくは、同社(℡45‐2998)へ。

DSC_0013 DSC_0001 DSC_0017

▲ページトップ