府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

 ㈱本家中村屋(元町497‐1 中村公一郎社長)は、味噌を3年間熟成させた「備後府中黒味噌」を発売した。また、おかず味噌として広島特産のわけぎを使用した「わけぎ味噌」、人気商品の「鯛味噌」を備後府中黒味噌シリーズで開発し、合わせて発売した。

 「数年前、新商品を考えている際に、『イカ墨パスタのように黒い料理に関して消費者のイメージも変化しているので、黒い味噌を商品化してはどうか』と経営アドバイザーの方に助言をもらったのがきっかけとなり、このたびの開発に繋がりました。この味噌は熟成した麦味噌と米味噌をブレンドしており、見た目は黒くて濃い味をイメージしてしまいますが、香りが良く、今までにない深みのある味になっています。あさりなどの魚介類を入れたお味噌汁などにとても良く合います。おかず味噌もご飯や野菜と一緒にお客さまのお好みに合わせて楽しんでいただけます。ぜひ一度、ご賞味ください」と中村社長。

 価格は、「備後府中黒味噌(200g)」486円(税込)、「わけぎ味噌(150g)」「鯛味噌(150g)」いずれも864円(税込)。 

 詳しくは、同店(℡45‐2735)へ。

 02 01

▲ページトップ