府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

 平成26年の新春を迎え、会員の皆様並びに関係各位に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 旧年中は府中商工会議所の事業活動に対し、多大なるご支援とご協力を賜わり心からお礼申し上げます。

 また、昨年11月の 第143回臨時議員総会において、現執行部体制の続投が承認されました。微力ではありますが、引き続き府中の商工業の発展に貢献できるよう、会議所活動に取り組んでいく所存です。皆様方の変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

 経済の回復を最優先とした政策によって劇的に景気は回復し、円高の是正、TPPへの参加表明、そして2020年東京オリンピックの誘致、さらには消費税導入が決定するなど、政治・経済がダイナミックに動き始めました。

 府中においても景気回復の兆しは見られ始めましたが、中小零細企業においては、実感は乏しくまだまだ厳しい経営を迫られているところも少なくありません。その対策を政治に任せるだけでなく、全ての企業が景気の回復を実感できるよう、産業全体の底上げに取り組んでいかなくてはなりません。当商工会議所も昨年来より重点事業として様々な取り組みを行っています。会員企業の経営品質活動の更なる普及とともに、今年も経営課題解決のためのセミナーの開催、個別相談体制の強化など、あらゆる手段を用いて、会員企業の経営支援に全力を挙げて取り組んでまいります。

 

 昨年4月より実施している会員訪問で、私も毎月いくつかの企業を訪問し、経営者の方々から直接お話を伺っております。そこで実感しますのは、それぞれの経営者が自社の強みをしっかりと認識し、それを生かす術をよく熟知されているということです。

 また、「百年企業」が最近話題になっていますが、府中には実に59社もの百年企業が実存しています。最も古い企業は1861年創業で、幕末の志士の時代から今日に至るまでの約150年間、明治維新あり、日清・日露戦争、そして太平洋戦争の敗戦など、激動する世の中を見事に乗り切ってこられたわけです。景気の循環のような小さな波ではなくて、時代のうねりと言う大きな波を乗り切る力と知恵を百年企業は体得されているのです。府中は小さな町ですが、まさに優れた経営者の宝庫のような町です。そうした方々の知恵をお借りしながら、府中の町を、力強い活力ある町にしていきたいと考えています。

 

 一方、府中の町の魅力創出には、商業の活性化は欠かせません。昨年11月には「府中のはしご酒」を開催し、予想を倍近く上回る参加者で賑わいました。今春には第2回が予定されています。3月開催の多くの来場者が見込まれる「2014関西・中国・四国B-1グランプリin府中」も大いに期待するところです。これらのイベントをどう地域の活性化に結び付けていくか、中心市街地の賑わいにどう繋げていくかが課題となります。今後も商店への専門家の派遣、経営者同士の交流会の開催、町家の活用、町づくりグループの活動やイベントの支援などを通して、中心市街地の魅力を高め、賑わいの創出を勧めていきます。

 

 最後になりましたが、皆様方のご発展とご健勝をお祈りするとともに、商工会議所活動に対する一層のご理解とご協力を心からお願い申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

 

▲ページトップ