府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

 竹岡染工(府中町142 竹岡規行代表)は、このたび、広島東洋カープ公認のペン立て「C-Stand」と陣羽織「カープ・ジンバ」を開発した。「C-Stand」は、チームカラーである赤を基調にしており、上からみるとカープのロゴマーク「C」に見えるようにデザインされている。「カープ・ジンバ」は、昔の武士が鎧の上に着る陣羽織をアレンジしたものでカープのロゴマーク入り。

 「C-Standは、安価で身近に置けるように紙で製作しており、ペン立てとしてだけでなく、眼鏡やリモコンなども入るサイズになっています。カープ・ジンバは今春開発した胸元に家紋をあしらう“侍作務衣”を紹介した際に、企業のマーク『社章』を入れてはどうか、との助言をいただき、そこからカープのロゴマークを入れるという発想に繋がりました。また、応援グッズなので作務衣より陣羽織にすることで勇ましく見えるようにしました」と竹岡さん。

 価格はいずれも税別で、「C-Stand」が900円、「カープ・ジンバ」が12,600円。

 詳しくは、同社(℡41-2736)または、HP(http://www.some-ohshimaya.sakura.ne.jp/carp.html)へ。

竹岡染工02 竹岡染工01

▲ページトップ