府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

広報

テーマ 『お客様のために安全な食材を生産して、健康に寄与できるものをつくる』

金光味噌㈱ 専務 金光 康一さん

 P1000959

 

 

 

 

 

―経営をする上で、心がけていることは。

 お客様のために安全な食材を生産して、健康に寄与することです。そのため、当社では、早くから「有機JAS認定」を取得し、農薬を使わない安全な原料を仕入れるようにしています。

-海外へ進出されていると伺いました。

約40年前から海外に味噌を輸出しています。当時、世界から「日本のカビを食べる文化が分からない」と興味が集まり、当社でも海外からのホームステイを受け入れていました。そして、自分の国でお店を開きたいという人達が現れたのですが、原料となる菌を海外には持ち出せないため、当社の味噌を持ち帰り、販売するようになったのが始まりです。

近年の日本では、味噌の需要が減り、他メーカーとの価格競争が激化しています。当店は、その競争に入るのではなく、海外での需要に注目して、空港に置くためのお土産用のフリーズトライ味噌汁や、北欧向けの味噌ドレッシングを開発しています。実は、これらの商品は日本で食べてもあまり美味しくありません。それは、味覚は気候や重力によって変化するため、実際に現地へ足を運び、その国に合わせた味にしてあります。

-新商品開発はどのように考えていますか。

 日頃からお客様の安心安全の食材を作ることを考えていると、自然と「お客様にとって楽しい商品があれば、もっと喜んでいただけるのでは」と新商品開発に取り組む気持ちになります。そこから市場の動きを見て、社員からの意見も取り入れながら開発を進めています。いろいろな商品を開発していますが、基本となる味噌が何より一番大切です。基本が美味しくなければ、新商品も美味しくなりませんからね。

―府中商工会議所に対してご意見を。

商品を開発して、異業種の方に意見をもらう場みたいなものがあると面白いと思います。例えば開発した食品を、異業種の方に試食してもらうのです。同業種と違い、率直な意見が聞け、大変参考になるのではと思います。その場で注目されないものは市場に出しても成功しません。同業種では作るまでの苦労が分かってしまうため、なかなか素直な意見が言えない部分もありますしね。

それから、商工会議所はいろんな所に顔を出されて、府中市のPRをしていると思いますね。広島の方にも「府中市はいろいろな取り組みをされていますね」と言われますよ。今後も府中市をPRして、もっと沢山の人から評価してもらえるような活動をしていただきたいですね。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市府中町628 (℡41-2080・FAX43-6769)

事業内容 味噌製造

従 業 員 14人

営業時間 午前8時~午後5時

定 休 日 土・日曜日、祝日

HP http://www.kanemitsu-miso.co.jp

 

10月18日(金)、23人が参加し、理財・厚生部会(田邉知士部会長)と機械金属工業部会(山本富造部会長)で合同視察会を実施しました。

 視察先は、超高精度マシニングセンターの開発を行い国際的にも評価されている安田工業㈱と、各種工作機械のオーバーホール・改造修正、各種専用機の設計・製作等を手がける塩田工業㈱。

当日は、企業の概要や取り組みなどについて説明を受けた後、工場内の見学をさせていただき、とても参考になる視察会となりました。また、道の駅笠岡ベイファームやワコーファーム、竹喬美術館も見学し、部会員の親交を深めました。

今期部会長をお受けいただく6人の部会長に、部会活動を中心に、商工会議所や府中市について、自由にお話していただきました。

 

■商業部会 (会員数464人)

【角モータース㈱】角 紘一 部会長 4期目

「行ってみたい、行かなかったら損をする」期待を裏切らない魅力的な企画で、会員の意識向上と部会活動への参加を強化

 

 商業部会は、部会員数の最も多い部会です。事業所の規模や業種も様々で、組織として動ける方が少なく、部会主催の研修や講演会に、なかなか出席していただけていないというのが現状です。

 部会長としては、参加率が低いということを、以前から課題として受け止めています。部会活動への意識向上と参加率を上げていくためには、変化をもった企画やアイデアで継続することが大切です。興味深いテーマや、魅力的な講師を招き、初めて参加された方に、「良かった、来年もぜひ来たい」とリピーターになってもらえるような企画で、部会を活性化していきたいですね。また、9月の総会で副部会長が2人体制となり、今後、活動の幅が広がってくるのではと期待しています。

 会議所担当者には、部会行事に関係する情報や、講師の人材の確保、時代のトレンドを意識した企画など、常に興味を持ってアンテナを張り、活動の具現化に協力していただきたいとい思います。

 そして部会員の皆さまには、現状への危機感や情報を共有し、意識向上を図る部会活動に積極的に参加していただきたいと思います。

 

■理財・厚生部会 (会員数198人)

【(税)田邉会計事務所】 田邉 知士 部会長 6 期目

会員活動の基盤となる人口増加への活発な取り組みに期待 部会としての連携活動に意欲

 金融業、保険業、税理士、医師、法人団体など、最も多業種に亘る会員で構成されているのが理財・厚生部会です。そのため研修や講演会など部会活動の方向性を決め、会員同士共通する目的を絞るのはなかなか難しい部会ですね。

 しかし、我々会員が一番共通して切望していることは、府中市の人口増加です。観光資源を増やし、府中焼きをPRし、B‐1グランプリなどのイベント開催など、観光客による一時的な賑わいだけでなく、「府中市に住みたい」と移住する市外からの定住者が増えることが大切です。そのため、教育、福祉、医療など行政の取り組みはもちろん重要ですが、商工会議所としてできることはあると思います。府中市の広告塔として、積極的にマスコミへ情報提供し、全国へ向けてPR活動を行い、府中市の知名度、好感度を上げて、人口増につながる活動をしていきたいですね。

 住みやすいまちづくり、産業の活性化による労働力の増加、まちの賑わいの創出など…。私たち理財・厚生部会はそれぞれの施策に伴う連携活動には、能力の範囲で貢献できると思っています。今期も、講演会や研修を行い、部会活動を維持継続していくつもりです。

 

■建設部会 (会員数209人)

【㈱みやわき建設】 宮脇 功 部会長 2期目

住環境から見た新しいまちづくり 50年後、100年後の未来を見据え 実現のためには、夢に日付を

 

 旧府中市の人口は今や3万7千人、昭和50年約5万1千人あった人口は減少の一途です。増加は難しいとしても現状を維持するためには、府中市の魅力を市内外にわかってもらい、住みたい町、住み続けたい町にする必要があります。幸い戦災にあっていない府中市には古い家屋がまだたくさん残っています。壊していい建物と「恋しき」のように残して町の魅力のひとつとして活用する建物、空き家の再生、リフォームなど、さまざまな取り組みが官民の連携で動き始めています。府中市は、第2期中心市街地活性化の認定を受け、空洞化した中心市街地の活性化、道の駅構想などに取り組んでいます。このようなまちづくりに、建設部会としても積極的に関わっていきます。また、今年5月の府中産業メッセには、建設部会は写真パネルの展示などでイベントに参加しました。

 前期「府中の暮らし提案プロジェクト」として、講師に1級建築士で『住む人が幸せになる家のつくり方』の著者でもある八納啓造氏を講師に迎え、生活と建物の関わり、建物から考えるまちづくりについて研修会を行いました。府中市の魅力を活かした住み良いまちづくりの実現に向け、期限を決め着実に活動していきたいと思います。

 

■機械金属工業部会(会員数190人)

【旭・スチール工業㈱】 山本 富造 部会長 5 期目 

各自、各社が自立すること 世界の動向を見据え 学び、知ることの大切さを発信

 

 会員は、加工業から機械製造業まで規模から業種まで幅広く、ひとつにまとめるのは難しい部会です。「敷居が高い」など、講演会や視察研修など、なかなか参加率が上がらないのが現状です。

 部会活動の講演会には証券会社などから講師を迎え「未来を見据えた景気動向」など経済講演会を開催し、「誰が聞いても参考になる」世界経済を視野に入れたお話を聞いていただいています。事業所の規模に関わらず、学び、知ることで、未来を予測することができます。巡ってきたチャンスを活かす、挑戦する意欲を持つことができると思います。府中市の発展のためには、世界に向けて挑戦する、勇気を持った人材を育てることが大切です。そして、各自、各社が自立することが重要だと考えます。

 地元企業の発展、地域の活性化の中心となる商工会議所の会員であることは、全国規模で仕事をする際、信用・信頼の目安となります。商工会議所は、もっと会員に利用してもらえるよう情報発信やPRが必要ではないでしょうか。今期も魅力的な企画で、「参加すれば何か得られる」と思っていただけるような活動を行っていきたいですね。

 

■サービス業部会 (会員数395人)

【中国タクシー㈱】橘高 馨 部会長 6 期目 ※インタビューは10月9日、『府中はしご酒』開催以前のものです。

新企画できっかけ作り デメリットを魅力に変え、小さな町だからできることを実行

 

 若い人や、地元・近隣地域の人に府中の店で飲食をしていただくきっかけにと、今年初めて『府中はしご酒』を企画しました。府中市は小さな町ですが、部会員には100店舗あまりの飲食店があり、今回参加していただくのは50店舗、3000円のチケットで3店舗をはしごしていただきます。サービス部会は会員数が2番目に多い部会で、業種も様々、お陰で参加していただく店舗の他、ナインタクシーの手配なども会員で協力することができます。歩いてはしごはできないけれど、移動には不便しない、できることでカバーし府中ならではの楽しみ方を提案しています。

 サービス業部会は部会活動の中でも視察会への参加が一番多く、異業種の交流も盛んです。内容も商工会議所だからできる興味深い地域の視察などで、参加された方にとても喜んでいただいています。

 まちの賑わいのためには、部会活動だけに限らず、積極的に府中市の飲食店を利用することが大切です。そして府中市は企業の町であると共に、豊かな自然や名所旧跡、古い歴史が残る観光の町でもある、その魅力を発信していかなくてはいけません。また、商工会議所は若い議員も採用して硬いイメージを払拭し、もっとまちを盛りあげていただきたいですね。

 

一般工業部会 (会員数348人)

【佐々木木工㈱】 川本 一徳 部会長 1期目 

地元産業の活性化は人口増加の要 ものづくりのまちならではの技術力を活かしたまちづくりを

 

 今期初めて部会長の大役をお受けして、非常に身の引き締まる思いです。一般工業部会は、木工、繊維、味噌を含む食品、ゴム、油脂など、ものづくりのまち府中を支えてきた業種が揃っており、伝統ある技術力を継承する事業所がたくさんあります。地域の産業が発展しない限り、府中市の人口増加は望めない、行政の産業支援は期待するところです。

 私は木工の人間ですから、木をキーワードにお話しすると、今や中国産の安価な家具が家具店に並び、代々使い継がれる府中家具のような高級家具は需要が伸びない時代ですが、木造建築は徐々に注目を集めています。東京には建築基準をクリアした4階、5階建ての木造の高層ビルが登場し、JR九州を走る木造車両の電車が話題を集めています。公共施設も木造建築が主流になりつつある。木は環境に優しいエコな素材であると共に、人間の心に与える影響が穏やかで健康的ということです。

 家具作りを継承してきた、ものづくりのまち府中市が、木を使ったまちづくりに取り組むのは難しいことではないと思います。今後は地場産業の技術力を活かしたまちづくりや住む人や環境に優しいまちづくりなどに取り組む先進地の視察など、魅力的な企画で部会活動をもり立てていければと思っています。

 

 

 お忙しい中、興味深い話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。担当者として部会活動活性化のため、部会長のご期待や思いに添えるよう努力していきます。(部会担当一同)

 消防法により、すべての住宅に「煙式の住宅用火災警報器の設置」が義務付けられています。就寝時間帯等に火災が発生した場合、逃げ遅れを防ぐために大変有効です。まだ設置していない住宅は早急に設置してください。

問合せ先 福山地区消防組合 府中消防署(℡43-7183)

 (社)広島県観光連盟は、11月までの広島県内のイベント情報や、観光名所などを紹介した観光スポット情報誌『広島さんぽ』を刊行し、希望者に無料で配布しています。

希望される方は、府中商工会議所(℡45-8200)窓口まで。ただし、在庫がなくなり次第終了します。

 P1000635

 

 

 

 

観光スポット情報誌『広島さんぽ』秋号

 生産技術が大きく飛躍した中世を取り上げ、考古・文献史・美術史など多角的視点から「中世を作った技術」の歴史を展示しています。

期  間 9月13日(金)~11月4日(月・祝)

開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30まで)

入 館 料 一般700円(560円)/高校生・大学生520円(410円)/小・中学生350円(280円)※( )団体料金

休 館 日 10月7日・21日・28日

問合せ先 同博物館(℡084-931-2513)

 今回で5回目を迎えた「キラリン★夜店」は、8月31日に開かれる予定でしたが、台風の影響で9月7日に延期。当日もあいにくの雨模様にも関わらず、約1,500人が訪れ、夏の終わりを楽しみ、大盛況に終わりました。

キラリン

 

 

 

 

 

スーパーボールすくいを楽しむ人たち

 福山・府中地域保健対策協議会は、勤労者や産業保健関係者のうつ病やストレス対処法など、勤労者のメンタヘルス対策について、研修会を開催します。

と  き 11月8日(金)午後2時~4時

と こ ろ 府中市文化センター 中ホール

内  容

①実態調査報告

 「勤労者のストレス対処法」

②講 演

 「いま、職場に求められるメンタヘルス対策」

講 師 ㈱C’sPORT  中原 秀子 氏

参 加 料 無料

問合せ先 同協議会(℡084-921-1311 内線2413)

 今年認証30周年を迎える国際ソロプチミスト府中は、記念事業として日本初となる男性5人組オペラユニット「LEGEND(レジェンド)」を招き、クラッシックエンターテイメントを開催します。

と  き 11月17日(日) 午後1時30分開場、午後2時開演

と こ ろ 府中市文化センター大ホール

入 場 料 無料(整理券が必要)

整理券配布場所 文化堂(府中天満屋内・℡45-8155)、府中市文化センター(℡45-6000)、府中商工会議所(℡45-8200)など

入場券販売・問合せ先 国際ソロプチミスト府中事務局(当商工会議所内・℡45-8200)

テーマ 「経営者は『いこる』ための種火になれ」

 ㈱タテイシ広美社 社長 立石 克昭 さん

 P1000744

 

 

 

 

 

―経営をする上で心がけていることはありますか。

私の好きな言葉で「いこる」という言葉があります。これは、炭が赤々と火がついた状態のことを表す備後弁です。人は炭がいこっている状態といこっていない状態だと、どちらでお肉を焼きますか。いこっている炭を選ぶのが当然ですよね。これは経営にも言えることで、炭が私たち、お肉が良い情報・仕事・出会いだとすると、私たちがいこっていれば、必然的に良い事がめぐってくる。また、炭火は一つでもいこれば、その炎は周りの炭に広がっていく。その種火になるのが経営者の役目です。私自身が本気でいこっていれば周りの社員にもその気持ちが伝わっていき、良い情報・仕事・出会いもめぐってくると思っています。

また、私は府中市という場所にこだわっています。ここは私自身が育った故郷であり、この場所で若い人達に生きがいを感じて働いてほしいと思っています。そのためには雇用の確保が必要であり、雇用を確保するためには企業は利益という成果を出さなければなりません。また、社員が生きがいを感じて働くことは、業績にもつながります。

当社では、私と社員で個人面談を行い、それぞれが目標設定をします。その目標に向かうためには何が必要か、実現するためにはどうしたら良いかを会社全体で考え、明確にすることで社員が生きがいを感じながら働くことができます。当社はまだ成長の道中にいます。これからも雇用を確保し、地域を活性化するために、経営者としていこりを点火する種火になるような経営をしていきたいと思っています。

―府中商工会議所に対してご意見を。

私は、広島県中小企業家同友会の会長を務めており、そこでは、「良い会社づくり・時代が求められる経営者になる・中小企業が発展できる経営環境づくり」の3つを目的に、経営の勉強をしています。会員はすべて経営者なので、全員が講師であり、先生にもなります。月に1度は例会を開き、報告会や経営の悩みを相談しています。

商工会議所も経営者が集まった団体です。会員が集まり語られる場所の提供や、経営者向けの講演会をもっと開催して、経営者のレベルアップする取り組みをしてほしいです。まちづくりも大事ですが、その前に会員である事業所を成長させることが一番だと思います。事業所が成長することで雇用の確保に繋がり人が集まります。そうすれば、自然とまちづくりも行われ、まちの活性化になると思います。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市河南町114

(℡43-4886・FAX43-5290)

事業内容 看板・LED電光表示システム・設計製造施工等の製造

従 業 員 25人

http://www.t-kobisha.co.jp

▲ページトップ