府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

広報

2 / 1912345...10...最後 »

 ㈱オガワエコノス(高木町502‐10小川 勲代表取締役会長)の「エコノスうかい農園」が、広谷保育所の食育体験の場として活用されている。10月8日(木)には、今年6月に園児たちが植え付けたサツマイモの苗が収穫時期を迎え、芋掘り体験を行った。収穫したサツマイモは同保育所で調理して給食などで出すほか、園児が家庭に持ち帰る。

 平成25年に開園した同園は敷地2,500㎡で“食の循環”として同社で製造したエコ堆肥を使って野菜などを作り、スーパーや朝市で販売している。

 農園を管理する同社のロハス事業部工場長 井上英樹さんは「エコノスうかい農園を利用して、地域のコミュニティとして何か活用できないか考えていた時に、広谷保育所から声をかけていただき、今回の食育体験が実現しました。園児たちにこんなに喜んでもらえると思っていなかったので大変嬉しいですね。サツマイモも思っていた以上によく育っていたので良かったです。今後も地域との交流活動の一環として、このような活動を続けていきたいと思っております」と話された。

 詳しくは、同社(℡45‐2998)へ。

DSC_0013 DSC_0001 DSC_0017

 出義®(中須町859-1 出原義史代表)は9月16日(水)に姉妹店として「囲肴屋常」(中須町318‐1)をオープンした。

 店内は和モダンな雰囲気で落ち着ける空間に仕上がっており、テーブル席50席とカウンター席8席、座敷60席が設けられ、結婚式の2次会やイベントなどでも利用可能。

 店長の井手口俊樹さんは、「和牛の国産ミンチを使用しカリカリに焼き上げた府中焼き(600円(税別)~)や、その日の旬なお造りや季節の一品など日替わりのおすすめメニューのほか、串焼きや鉄板焼き、揚げ物、デザートなど多数のメニューを取り揃えております。キッズメニューも用意しておりますので家族連れの方もお気軽にお越しください。マイナス3度に冷やした「極冷え生」(530円(税別))のビールはぜひ一度お試しいただきたい一品です。また、事前にご相談いただければ営業時間外でも対応させていただきます。忘年会や新年会などにもご利用ください」と話された。

 営業時間は午後5時~午前0時。定休日は月曜日。

 詳しくは、同店(℡51‐8668)へ。

DSC_0021 DSC_0010

 高橋工芸㈱(高木町1113 高橋正美社長)が、(公財)日本デザイン振興会主催の「2015年度グッドデザイン賞」を受賞された。

 受賞作品の“Molly”は、直角に組まれた木材と柔らかく貼られた布地のコントラストが特徴的なサイドボードで、府中家具工業(協)のJAPANブランド育成支援事業で開発された㈱ジンクラモトスタジオの倉本仁氏とのコラボレーション作品。「小さなワンルームでもパーテーション代わりとしても違和感なく緩やかに仕切られ、『仕切る』という感覚ではなく『繋ぐ』という感覚で、オープンシェルフとしてもサイドボードとしてもそれぞれの良さがある」と評価された。

 「受賞作品は今年1月にドイツで開催された『ケルン国際家具見本市2015』にも出品しており、国際的に認められるために努力を重ねています。その中で今回のグッドデザイン賞をいただけたことは大変意義のあることだと思っております。府中家具の婚礼家具から新たなインテリア家具に転換していくため、前向きにチャレンジすることで当社だけでなく府中家具全体のイメージアップに繋がっていってほしいと思っています」と高橋社長。

 詳しくは、同社(℡45‐2323)へ。

molly

 本誌の表紙写真をご提供いただいている木村英博さんが、倉敷フォトミュラルで選出された作品や表紙をしていただいた本誌などを展示した写真展を9月1日(火)~19日(土)まで府中公民館で開催しました。

 木村さんは「府中けいざい情報の表紙写真は平成24年4月号から務めさせていただいており、多くの会員の方に誌面を開いて読んでもらいたい、その思いから写真を今までとは違う感性の表現方法と独自の切り取りで表しています。写真を通じて、ものの見方を変え、フレームに切り取られた造形美を見てほしいですね」と話されました。

DSC_0016

 ㈱タテイシ広美社(河南町114 立石克昭社長)は、9月1日(火)に首都圏での営業力を強化するため、東京都千代田区に営業所を開設した。また、東京都港区の情報発信システムと連携できる「港区デジタルサイネージコンテンツ配信システム」に同社の「電子ペーパーサイネージ」が採用された。

 「東京に営業所を開設することは関東での仕事も多いため、以前から考えていました。そんな時に大手印刷会社から声をかけていただき、営業所を開設させていただくことができました。また、このたび港区のデジタルサイネージを活用した情報発信拡充の防災システムに、災害などで停電した際でも情報を送ることができる当社の電子ペーパーサイネージが採用されました。他社には真似できないからこそ声をかけていただけたのだと思います。今後、東京オリンピック開催までにこのシステムを随時設置していくため、営業所ができたことで効率的に仕事ができるようになりました。今後は、人材を確保して営業所と本社の体制も充実させていきたいと思っております」と立石社長。

 詳しくは、同社(℡43-4886)へ。

canvas2 canvas

 リョービ㈱(目崎町762 浦上彰社長)は、地元球団の広島東洋カープを応援する気持ちを込めたドアクローザ(自動閉鎖装置)「カープ ドアマン」を発売しました。

 カープのロゴマーク入りでチームカラーの赤色が特徴。広島県内のホームセンターで、1,000台限定で販売しています。「ドアマン」シリーズは、取り付けの簡単さとインテリア感覚のデザインが支持され、昭和56年の発売以来約950万台の販売を誇るロングセラー商品。開閉力調整機能が付いているため無理なくドアの開閉ができます。価格はオープン価格。

 詳しくは、同社(℡03‐3927‐5510)へ。

 carpdoorman_body_RGB

 (社)桜風会 介護老人福祉施設あいあい桜が丘(門田悦治理事長)は、平成28年1月に開園する「あいあい保育園桜が丘」の地鎮祭を7月27日(月)に行いました。この保育園は「子ども子育て支援新制度」の事業所内保育事業として建設するもので、同社の従業員の子どもに加え、地域の子どもを受入れる保育施設になります。また、グループ法人の(医)晃弥会が運営する介護老人福祉施設あいあい三郎丸でも「あいあい保育園三郎丸」を平成28年3月に開園予定です。

 門田理事長は「子育て支援の一つとして素晴らしい事業を活用させていただきました。地域の働きたい女性に積極的に利用してもらいたいと思っております」と話されました。

 DSC_0513 桜が丘事業所内保育所イメージ図

 ㈲峰和(土生町661-23 峰松 和作社長)は、レモン果皮を配合した犬用サプリメント「フラボノジャーキー15」、犬用おやつ「フラボノジャーキー5」に続いて、このたび茶葉に含まれるカテキンを高濃度に配合した犬用おやつ「カテキンキューブ」「カテキンジャーキー」を新しく開発。茶葉に含まれるカテキンにはフラボノイドと同様に、健康な代謝機能を維持、中性脂肪の減少、犬の体臭や口臭などを軽減させる効果がある。

 「茶カテキンにもフラボノイドと同様の効果が期待できるため、今回の開発に繋がりました。また、カテキンの方が、効き目が早く効能性も高くなります。茶葉に含まれるカフェインは99.7%取り除いているのでからだに優しく、安心して食べていただけます。愛犬の気になる体脂肪や健康な代謝機能の維持に、ぜひ一度お試しください」と峰松さん。

 価格は、どちらも200グラム800円、100グラム400円。価格はすべて税別。

 詳しくは、同社(℡41‐5137)、または、HP(http://houwa-inc.jp/cgi-bin/main/list.cgi)へ。

 02 03 01

 カラオケTea・Song (元町450‐21 上田優子代表)が7月18日(土)に移転オープンした。

 カウンター席8席とテーブル席23席の店内は、黒を基調にした家具などで統一され、スッキリと落ち着いた雰囲気になっている。

 「移転前は昼間の営業でしたが、このたび木・金・土曜日の夜も営業をはじめました。現代のニーズに合わせたイベントやサービスを提供し、お客様に喜んでいただけるお店にしていきたいと考えています。また、歌を通じて日頃の疲れやストレスを解消していただけたら嬉しいです。団体のお客さまも30人くらいまで受け入れ可能です。予算などは要望に応じて対応させていただきますので、お気軽にご相談ください」と上田さん。

 営業時間は、月・火・水曜日が午前11時~午後5時、木・金曜日が午後6時~11時、土曜日が午前11時~午後11時。定休日は日曜日。

 詳しくは、同店(℡45‐2766)へ。

02 01

 ㈱本家中村屋(元町497‐1 中村公一郎社長)は、味噌を3年間熟成させた「備後府中黒味噌」を発売した。また、おかず味噌として広島特産のわけぎを使用した「わけぎ味噌」、人気商品の「鯛味噌」を備後府中黒味噌シリーズで開発し、合わせて発売した。

 「数年前、新商品を考えている際に、『イカ墨パスタのように黒い料理に関して消費者のイメージも変化しているので、黒い味噌を商品化してはどうか』と経営アドバイザーの方に助言をもらったのがきっかけとなり、このたびの開発に繋がりました。この味噌は熟成した麦味噌と米味噌をブレンドしており、見た目は黒くて濃い味をイメージしてしまいますが、香りが良く、今までにない深みのある味になっています。あさりなどの魚介類を入れたお味噌汁などにとても良く合います。おかず味噌もご飯や野菜と一緒にお客さまのお好みに合わせて楽しんでいただけます。ぜひ一度、ご賞味ください」と中村社長。

 価格は、「備後府中黒味噌(200g)」486円(税込)、「わけぎ味噌(150g)」「鯛味噌(150g)」いずれも864円(税込)。 

 詳しくは、同店(℡45‐2735)へ。

 02 01

2 / 1912345...10...最後 »

▲ページトップ