府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

経営品質活動

 経営品質とは、単なる製品・サービスの品質を意味するのではなく、自社を取り巻く顧客や市場の環境を正しく理解し、強みを活かして成果を上げる戦略の立て 方、企業の目的を従業員と共有するマネジメントなど、顧客に支持されるための「企業全体の経営の質」を向上させ、価値を生み続ける組織を作るための考え 方・やり方のことです。

 経営品質塾は、経営品質向上プログラムの考え方をもとに、社内で経営革新を進める人材(経営者、経営幹部、幹部候補生)の育成を目指すことで効果的な経営方法を学んでいただきます。

今回は、マネジメントを実施し、戦略の実現を図るマネジメント(PDCA)を活用して、自社を取り巻く顧客・市場の環境を正しく理解し、強みを活かして効果的な成果を上げるきっかけを学んでいただきますので、ぜひご参加ください。

講 師:株式会社経営品質向上ヘルプデスク 代表取締役 白井信行 氏

問合せ先:府中商工会議所(府中市元町445-1)
電話:0847-45-8200 ・FAX:0847-45-5110

詳しくは、こちら
※経営品質塾の申込書を印刷し、FAXで商工会議所までご返送ください。

本年度の重点事業の1つである、経営品質塾が5月14日(火)より開講となった。この塾では、15社18名の塾生が1年間をかけて、顧客視点の継続的改善を組織内で索引できるスキルを学ぶ。

第1回目の今日は、研修のねらいや到達点など、この塾の目的を説明した後、経営品質に取組んでいる企業の事例を紹介。次に、経営品質で大切な、どの組織にも共通する経営要素を体系化したカテゴリー・アセスメント項目について説明を受けた。今後は、そのカテゴリーごとの現状と理想のギャップを掘り下げていくとともに、自社の持っている経営資源を把握し、効果的に実践する手法やアセスメント基準書を用いて経営の仕組みを評価する方法について学んでいく。

経営品質塾

▲ページトップ