府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

会員企業の紹介

2 / 512345

テーマ 『新たな起業を創出し、雇用の促進に繋げる』

  (特非)いこるdeBINGO 代表 真田 光夫さん 

canvas

 

 

 

 

 

 

―NPOとして、様々な活動をされていますね。

 府中市のまちづくりと雇用の促進し、みんなの笑顔が集まり、地域が元気になることを目的に、平成24年度5月から活動をしています。

 昨年度はイベントを中心とした「いこるdeゆかたコンテスト」や「いこるdeキャンドル&ライブ」などのまちづくりに取り組み、今年度は主にものづくりに力を入れています。小野神社の御祭神の押媛命(おしひめのみこと)さまを題材にしたハガキや、我龍などのアーティストとのコラボCDを発売し、府中のタンス作りの文化を活かした楽器「府中カフォン」も販売しました。この楽器は想定していた以上の反響をいただいています。また、最近では府中市内の企業で働く男性をターゲットにしたカレンダー「男顔(ダンガン)」も作成しました。これらの活動は単発的ではなく、いかに継続できるかを考えています。例えば「府中カフォン」は、反響をいただいたから終わりではなく、折りたたみ式のものを現在開発中です。新商品の開発などに取り組み、それを事業として起業したいという方を創出できれば嬉しいですね。起業してもらうことで新たな雇用が生まれ、雇用の促進にも繋がると思っています。

 また、起業する方を支援する取り組みとして、備後地域で業績を伸ばしている経営者を講師に招き「経営塾」を実施しています。今後は、ジュニア世代向けの経営に関する授業や、お店を実際に経営する機会を与えてあげる「経営塾」、シニア世代向けに具体的な経営を学ぶための「経営塾」が出来たら良いなと思っています。

―府中商工会議所に対してご意見を。

 府中商工会議所では補助金や助成金などの情報が集まっているところです。その情報は会員の一部分しか知られていないような気がします。人が集まることをすれば、その人達に情報を提供できます。今後、府中市内は高齢者が増えていくので、そこをターゲットにした「シニアのための経営講座」などのスクールをしてみてはどうでしょうか。

 また、今月は「2014関西中国四国B-1グランプリin府中」が開催されますね。府中市が元気になるように応援しておりますので、頑張ってください。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市元町445-1府中商工会議所3F

(℡・FAX45-2810)

事業内容 まちづくりの推進をはかる活動

従 業 員 12人

 

「OUTDOOR WEAR MILD」がオープン

軽くて丈夫なアウトドアカジュアルファッション

 

 「OUTDOOR WEAR MILD」(高木町104-6ビギンハウスB号・祐源一行代表)が、平成25年12月22日(日)オープンした。

  木を基調にした温かみのある店内には、アウトドアのウェアやシューズをはじめ、鞄や帽子などの小物も取り揃えている。

 「アウトドアと聞くと山登りなどを連想しますが、当店は“アウトドアカジュアル”なので、普段のファッションをはじめ、オシャレなウォーキングウェアとしても楽しんでいただける商品を取り揃えています。現在はメンズの商品が中心ですが、今後はレディースの商品も入荷していきたいと思っています。お客様に可愛がっていただき、地域密着の人情味あるお店にしていきたいと思っています」と祐源さん。

 営業時間は午前10時~午後7時、定休日は水曜日(祝日を除く)。取扱ブランドは、Columbia(コロンビア)・MAMMUT(マムート)・BOULDER MOUNTAIN STYLE(ボルダーマウンテンスタイル)など。

 詳しくは、同店(℡54-2655)へ。

P1020753 P1020770

 

テーマ 『お店の魅力アップや、経営者が生き生きと商売をすることで、中心市街地の活性化を』

 髙橋仏檀店 代表 髙橋 良昌さん

 canvas

 

 

 

 

 

―府中まちなか繁盛隊の会長として活躍されていますね。

 府中まちなか繁盛隊は、中心市街地を活性化することを目的に、お店の魅力アップや、経営者が生き生きと商売をしていきたいという思いから、平成22年度から活動をしています。主な活動として、イベントや情報交換、専門家を派遣して指導を受ける勉強会などを実施しています。また、一人では入りにくいお店に、ツアーを通じて足を運んでいただくことで、お店を知ってもらいたいという願いを込めて「府中まちなか わく♪わく♪お店めぐりツアー」を平成23年度から実施しています。実演や体験を取り入れることでコミュニケーションが図られ、お客様との距離が縮まったと大変好評をいただいています。他にも現在、新しいイベント企画として、経営者が講師になり、専門知識や技術を披露する教室「府中まちなかお店ゼミナール(3月開催)」に取り組んでいます。今後も引き続き、イベントの実施や意見交換、勉強会を通じて中心市街地の活性化のために頑張っていきたいと思います。近年は大型店の進出により、我々のような小売店は苦しい経営が強いられています。厳しい環境の中で生き残っていくためには、小売店にしかできない魅力を見出すことが大切です。自分のお店のカラー(個性)を見つけて、それをアピールできたら良いと思います。商品はもとより、お店の特徴や人柄をカラーにするのも良いと思います。何か魅力を見出さないと商業の発展は望めないと思います。若手経営者や後継者の方は是非この活動に参加していただき、これから商売を続ける上で、希望を共有していきたいと思っています。

―府中商工会議所に対してご意見を。

 商工会議所のなんでも相談センターは、経営に関する様々な相談を、事務局を中心に対応をされているようですが、商工会議所には、業種ごとに部会があります。その中で相談内容に応じ、全ての部会の方々が知恵を絞って対応するようにされてはどうでしょうか。また、商工会議所は全国にあり、情報が集まるところです。そのパイプを活かして、地元の商工業者に有用な情報をもっと提供してほしいですね。

―府中市に対してご意見を。

 今年は市政60周年ということもあり、商業の活性化のためにもプレミアム商品券を発行していただければ嬉しいですね。4月からの消費税増税に伴い、景気が落ち込んでくると予想されます。消費者にはお得感があり、商業面でも商品券を利用して買い物をしてもらえるので消費の落ち込みを防ぐことにもなると思います。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市本町735

(℡・FAX41-2325)

事業内容 仏壇・仏具・神棚・神具・鋳銅床置物

従 業 員 5人

※2月末に、府中学園西門前に事業所を移転予定です。(2月は充電中です)

 

 (社)日本ソムリエ協会の認定ソムリエの試験が平成25年8月18日(土)・9月17日(火)の2日間行われ、末広殿(㈱高延)の小川訓功さんが合格された。全国で3,108人が受験し、1,384人が合格、県内では16人、備後地区で3人。

 

 小川さんは、今後の意気込みを「一昨年の10月に当社の企画でワインの会を開催した際に、ソムリエの資格を持った人がいればもっと充実した内容で提供できるのではないかと思ったことがきっかけとなり、今回の受験を決めました。無事に資格は取れたのですが、これで終わりではなく、ここからがスタートだと思っています。今後はこの知識を活かして、良い料理とそれに合うワインをお客様に提供していきたいと思っております。今後は、ワイン講座のようなものも挑戦してみたいですね。」と話された。

 

P1020469

 

  11月3日に秋の叙勲が発表され、府中商工会議所会員でカイハラ㈱(福山市新市町)の会長、貝原良治さんが旭日小綬賞を受章された。

 貝原さんは、昭和45年に貝原織布㈱(現カイハラ㈱)へ入社され、平成2年には代表取締役社長に就任、平成15年から現職。同年広島県織物構造改善工業組合理事長、平成16年広島県中小企業団体中央会副会長、平成18年ジャパン・クリエイション実行委員長、平成19年日本綿スフ織物工業組合連合会理事長、日本繊維産業連盟常任委員、平成20年日本ファッション・ウィーク推進機構理事、平成24年日本ジーンズ協議会理事長に就任など、数多くの役職に従事し、業界の発展へ貢献されている。この度の受賞は、こうした功績が認められたもの。

 貝原さんは、受賞の感想を「当社は明治26年創業の長い歴史があります。この会社と従業員、お取引先や地域の皆様に支えられて今回の賞は頂戴したものだと思います。備後絣の技術を活かしてデニム生地を生産し、海外へ質の高い商品を提供し、常にマーケットの先端を行くことを心がけています。日本は人口が減少していますが、世界の人口は増えています。国内だけでなく世界に目を向けて、繊維産業の培ってきた技術力や歴史があることに自信を持ち、これからも発展につなげていたきたいですね。」と話された。

 

貝原良治さん

 

  美容室「美楽る」(中須町1091-15・下見瑞穂代表)が、11月28日(木)オープンした。

 自宅の一部を改装して造られた店内は、アットホームな雰囲気で落ち着いた時間を過ごせるリラックス空間になっている。

 「シャンプーは一番お客様にリラックスしていただける時間なので、特に力を入れてゆったりと気持ち良く過ごしていただけるように努めていますね。髪をいたわるためのエイジングケアの商品も取り揃え、いつまでも若くいられるようにお手伝いをさせていただきます。お客様とは、どんな要望も言いやすい、温かい家族のような気軽に足を運んでいただける関係を築いていきたいと思っております」と下見さん。

 カットは大人3,500円~(ブロー込み)。営業時間は午前9時~午後7時、定休日は月曜日と第1・第3日曜日。事前予約制。

 

詳しくは、同店(℡45-1684)へ。

 

P1160969P1160976

テーマ 府中市のファンや暮らす人を増やし、明るく楽しい地域社会をつくる』

(特非)府中ノアンテナ 代表 平地 緑さん

DSC_0489

 

 

 

 

 

 

NPOとして、様々な活動をされていますね。

 府中市のファンや暮らす人を増やし、明るく楽しい地域社会をつくることを目的として、メンバーの一人ひとりが別の仕事を抱えながら、その経験や得意分野を活かしながら活動をしています。

 主に3つの活動があり、第1は情報受発信です。府中市の隠れた魅力を新しい目線で発掘し伝えていきます。第2は未来づくり(子育て支援)です。木工のまち府中の魅力を活かし、木育(「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取り組み)を通じてものづくりの体験をしながら、木に触れ合うことで、豊かな心を育んでほしいと思っています。そして、木工産業をもっと活性化していき、木工のまち、木育のまちとして全国にPRしていきます。第3はコミュニティーづくりです。何かをしたいと思った時は人とのつながりって大事ですよね。一人では出来ないようなことも、同じ目的を持った人達が集まり、それぞれのやり方で協力することで、みんながやりたいことが実現できる場所づくりをしています。

 この活動を始めて、約2年半になります。私たちは、ただボランティアをしているのではなく、ひとつひとつ事業として活動し、社会に還元できるようにしていきたいと思っています。今はいろいろなイベントなどを企画しながら、そのための下地づくりだと思い活動しています。

―こころがけていることは。

 相手に対して「もっとこうしてほしい、これをしてあげたのに」と思っていては、まちに携わる事は出来ないと思っています。みんなに「感謝」することが大切。見守ってくださることや、いろいろな活動をさせていただいていることに「感謝」をしています。また、情報発信をする際は、自分自身も楽しめるように心がけています。自分で見て楽しくないものは、他の人から見ても楽しくありませんからね。

―府中商工会議所に対してご意見を。

 府中市が元気になってほしいという気持ちは、共通した目標だと思います。商工会議所には、現在も商店街でピクニックとマルシェ(市場)を組み合わせた「みんピク」や、木と触れ合うことで豊かな心を育む「木育」などのイベントに協力していだたいています。11月23日(土)・24日(日)の2日間行われた「府中ノ木育フェスティバル」には、予想を上回る約2,000人の来場があり大盛況でした。これからも出来ることがあれば協力させていただき活動を続けていきたいと思っています。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市府中町754-2

(℡44-6227・FAX050-3488-9439)

事業内容 情報発信、子育て支援

従 業 員 7人

http://fuchu-antenna.jp/

  和・創・寿し えん(高木町369-4 高橋正行代表)が10月31日、移転オープンした。

 木を基調とした落ち着いた雰囲気の店内は、佐々木木工㈱のインゴットを使用したテーブル席が8席、座敷は掘りごたつ式20席、カウンター9席設けられている。テーブルと座敷の席は個室になっており、プライベートな空間が楽しめる。

 「当店の巻き寿司はお客様に人気の一品です。これからの忘年会シーズンに合わせた料理もご準備できますので、お気軽にお立ち寄りください。今回の移転にあたり、たくさんの方にお力添えをいただき、無事に移転オープンすることができました。お店の名前にもなっていますが、今後も人との縁(えん)を大切にして、お店を長く続けられたらと思っています。」と高橋さん。

 営業時間は午後5時から午後11(オーダーストップは午後1030)。定休日は、毎週火曜日。また、ご法要などの料理も相談に応じている。

 詳しくは、同店(46-0611)へ。

P1010530P1010520

 

 府中焼きの「山じゅう」(父石町23-1・山崎幸敏代表)が、10月2日(水)オープンした。

 同店の府中焼きは、豚バラが入っているのが特徴。ミンチと豚バラの油でパリッとジューシーに仕上がっている。営業時間の終了は“心が折れるまで”(目安は午後9時頃)で、定休日は、“精魂…尽き果てた時”など、ユーモア溢れる店主の人柄が伺える。

 「試行錯誤して出来あがった独自の府中焼きです。この味を気に入った人が集まり、老若男女問わず誰でも気軽に入れるようなお店にしていきたいですね。」と山崎さん。

 価格は、府中焼き(そば肉玉・うどん肉玉)500円、トッピング(豚バラ・モチ・チーズ・シーフード・ねぎ)100円で販売している。持ち帰りも可能。

 営業時間は、午前11時から午後2時、午後4時30分から“心が折れるまで”(目安9時頃)。

 詳しくは、同店(℡41-9230)へ。

P1010518

 

 

「お客様の役に立てるように全力でサポートいたします」

 住まいが府中市にあり、今年の9月から府中市で事業所を開業しました。公認会計士・税理士としての強みと若さを活かして地元経済の発展に貢献したいと頑張っております。現在は、税理士業務、社会福祉法人などの監査業務、企業価値などの評価業務をしています。お客様の役に立てるように全力でサポートいたしますので、税務や会計・監査業務など、いつでもお気軽にご相談ください。

 

DSC_0276

 

 

 

 

 

 

事業所名 公認会計士・税理士渡邉雅史事務所

代 表 者  渡邉 雅史

所 在 地 府中市元町445-1府中商工会議所3F(TEL54-2176 FAX54-2177)

従業員数 1人

事業内容 公認会計士業務、税理士業務

E-mail  masashi.watanabe@ms01.jicpa.or.jp

 

2 / 512345

▲ページトップ