府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

府中商工会議所について

10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »

 べんとう屋一万亭 (中須町966‐3 竹内 毅代表)が8月16日(土) 国道486号線沿いに移転オープンした。

 外観はもともとあった木造の建物を活かした造りで、店内は白・黒・茶色で統一され、落ち着いた清潔感のある雰囲気になっている。

 「当店の商品はすべて手作りで、食材も地元のものを使って体に良いものを提供するように心がけております。人気商品の巻き寿司は3種類あり、府中巻き寿司(520円〈税込〉)、新市巻き(520円〈税込〉)、尾道巻き(630円〈税込〉)で、それぞれの地元食材を使用しています。また、配達も行っており一人暮らしの高齢者の方などに日替わり弁当を配達して喜んでいただいています。府中市内の配達も受け付けますのでご相談ください。今後も体に良いお弁当を作り、府中市の方にとっての台所のような存在になれる店にしていきたいと思っています」と竹内さん。

 営業時間は午前9時~午後9時。配達時間は午前10時~午後2時、午後5時~8時30分。

 詳しくは、同店(℡45‐0009)へ。

一万亭1 一万亭2

 

テーマ『ヘアーショーで府中市を元気にするきっかけを作りたい』

ヘアーブースKAMEYAMA  松本 拓也さん

DSC_0003

 

 昨年、創業80周年を迎えるのを期にファッションショー「FASHION×FUCHU 80周年だし…❤」を11月に開催。今年は第2弾としてヘアーショー「FASHION×FUCHUthe2nd」を9月7日(日)午後1時から府中市文化センターで開催されます。

 

―「FASHION×FUCHUthe2nd」について教えてください

 前回は、府中商工会議所の「まちなかチャレンジ事業」の助成を受けて「FASHION×FUCHU 80周年だし…❤」を開催し、来場者の方から好評いただきました。今年は、府中市制60周年記念イベントとして「FASHION×FUCHUthe2nd」を開催します。オシャレをして笑顔になってもらいたいという気持ちからテーマは”「オシャレ」=「笑顔」”に決めました。今回はヘアーショーが中心で、府中高校の放送部に振袖や白無垢、打掛の解説をしてもらいながら和装の新しいスタイルをお見せします。また、府中市出身のソプラノ歌手の田坂蘭子さんと市内在住の“f(エフ)”弦楽四重奏団による生演奏・生歌の共演があります。国蝶オオムラサキをイメージして幼虫から美しい蝶へと変化していく様子をステージで表現します。このイベントを通して、府中市の方にはモデルなどで協力していただき、市外の方にも府中市に足を運んでもらうことで、府中市を元気にするきっかけになればと思っています。

―日頃から心がけていることは

 お客さまの一人ひとりに個性に合ったヘアースタイルを提案するように心がけていますね。また、カットやカラーなど美容院としてのサービスに加えて、おしぼりを提供するなどプラスαのサービスを取り入れることでお客さまに感動していただけたらと思っています。来年の1月には、お子様連れの方やゆっくりとくつろぎたい方でもご利用いただける完全個室のプライベートルームを準備する予定です。

―府中商工会議所に対してご意見を

 まちなか繁盛隊のメンバーに入っており、今年の3月に開催した「府中まちなかお店ゼミナール」に参加させいていただきました。なるべく専門用語を使わず分かりやすく説明しているつもりでも、参加者の方から実際に質問をされて気付かされる点もあり、お店として改めて考えさせられる良い機会になりました。今後もこのような取り組みを続けていただきたいですね。

 

《事業所紹介》

代表者 亀山 カズエ

所 在 地 府中市府中町864‐4(℡・FAX41‐5077)

事業内容 美容業

営業時間 午前8時30分~午後6時30分

定休日 月曜日、第1・3日曜日

 平成23年より、米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律(米トレ―サビリティ法)が施行され、販売先へ米飯類の原料米等の産地情報の伝達、仕入れや販売等の伝票類や取引内容を記録した帳簿等の作成、原則3年間の保存が必要です。また、外食店等で米飯類を提供する場合、店舗の見えやすい場所に米の産地情報を掲示することが義務付けられています。

 詳しくは、農林水産省中国四国農政局福山地域センター 消費・安全グループ流通監視チーム(℡084‐955‐8633)または、HP(http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/beikoku/index.html)へ。

 

「厚生年金保険料」が変わります

 平成26年9月分保険料(同年10月納付分)から、厚生年金保険料率が改定されます。厚生年金保険料の控除については、間違いのないようご注意ください。

詳しくは、同事務所適用徴収課(℡41-7421)または、日本年金機構HP(http://www.nenkin.go.jp/)へ。

<設置趣旨>
 「平成26年8月19日からの大雨に係る災害に関する特別相談窓口」を平成26年8月20日(水)、設置しました。
【広島県内商工会議所(13カ所)に設置】

<設置内容>
特別相談窓口では、当所経営指導員が日本政策金融公庫、信用保証協会等と連携し、融資斡旋や資金繰りなどの相談に対応します。

<設置場所>
府中商工会議所 産業振興チーム内 (℡0847-45-8200)

<受付時間>
午前8時30分~午後5時 ※土・日・祝日を除く

 

 販路開拓につながる「きっかけ」づくりの場として、業種や事業規模の別なく自由に交流できる「ビジネスネットワーク拡大交流会」が開催されます。
業種・規模にかかわらず、商工会議所会員の方ならどなたでもご参加いただけます。ビジネスの発展のための人脈作りににご活用ください。

詳しくはこちら

日   時:10月22日(水) 14:00~16:00
場   所
:リーガロイヤルホテル広島4F「ロイヤルホール」広島市中区基町6-78
参加資格:広島県内商工会議所・商工会・郷心会連合会の会員企業
参  加  費:無料
申込締切:10月3日(金)

お問合せ先:広島商工会議所 会員部 会員チーム
         ℡(082)222-6631

 厚生労働省は、若年者を対象に電子メール機能を活用した専門家によるキャリアコンサルティングが受けられる「キャリア相談メール事業」を実施しています。

 職場の仕事上の悩みや不安、スキルアップに関することなどキャリアに関する相談を無料で受けられるサービスで、相談はキャリア・コンサルタントの資格を持った、キャリア・コンサルティングの専門家が担当します。

詳しくは、こちら

 ㈱ケーブル・ジョイ(元町423‐8 北川祐治社長)は、グローバルPRサービス「Mynewsdesk」を活用した海外向けのPR支援サービスを開始した。本事業のサービス提供にあたり、スウェーデンのMynewsdesk社と日本で販売パートナー契約を締結、国内ケーブルテレビ局としては初のパートナー企業となった。「Mynewsdesk」は、世界の約6,000企業が活用するWebベースのグローバルPRサービス。世界で約3万人のジャーナリストや専門家などが登録しており、その中から興味関心のある人々に対して情報を提供できる。地元企業の海外メディアへの情報発信場所として活用を見込んでいる。

 北川慶祐副社長は、「府中市は海外展開で発展する可能性を持った企業がたくさんあると思います。このサービスを地元企業の海外展開の1つとして上手く活用していただき、企業の発展や地域の発展につながっていけばと思っております。また、海外向けのホームページとしても活用していただけます。今後は、このサービスと、データを自社のサーバーだけでなくインターネット上に保存して使用できるようにする“クラウド型”の映像管理サービスや映像制作サービスと連携して、企業のPRを支援していきたいですね」と話された。

 詳しくは、同社クロスメディア課(℡45‐0557)へ。

mynewsdesk2

 

 手芸店のコットンハート[㈲市政本店] (府中町755 市場真一代表)が6月5日(木)、府中天満屋ソシア店から府中店へ移転オープンした。

 店内に手芸用品や生地などを豊富に取り揃えている。

 「当店は、お客さまの愛情あふれる手作りを応援するために幅広い手芸用品を取り揃えています。最近の売れ筋は、赤ちゃんのスタイ(よだれかけ)、パッチワークのバッグが手作りできる材料キットなどが人気ですね。また、夏休みの工作キットもたくさん入荷しております。今後は毛糸も入荷しますのでお気軽にご来店ください。今回の移転をきっかけにして中心市街地の活性化にも協力できれば良いなと思っております」と市場さん。

 営業時間は午前10時~午後6時30分。定休日は日曜日と祝日。また、店頭販売の他に楽天市場店でインターネット販売も行っている。

 詳しくは、同店(℡41‐2114)または、HP(http://www.rakuten.co.jp/cottonheart/)へ。

市政本店 市政本店2

 ㈱日本コフィン(本山町530-268 平山八広社長)は、世界的華道家 假屋崎省吾氏プロデュースによる華麗で現代的なセンスを融合した花と棺のコラボレーション作品「花筐」の販売を開始した。同商品は、6月24日(火)・25日(水)の2日間、パシフィコ横浜で開催された「フューネラルビジネスフェア2014(葬祭ビジネス総合展示会)」で初披露され、期間中に約1万人が来場し、ブースにはたくさんの人が集まり高い評価を得た。

 平山社長は、「日本の匠の知恵が詰まった高品質・高価値の“プレミアム棺”です。フューネラルビジネスフェアでは今までにない新しい棺として大変好評いただきました。近年は棺の輸入数が国内製造数を超えているため、日本製の棺を作りたい、ねぎらう棺を提供したいという思いから開発しました。今後も假屋崎先生と様々なデザインの商品を開発していきたいと思っております。」と話された。

10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »

▲ページトップ