府中商工会議所は、中小企業の皆様の新規創業、経営革新、技術開発、国際化の促進等を総合的に支援する公益法人です
お問い合わせはこちら

府中商工会議所について

 府中税務署(佐藤 隆署長)は11月13日(木)、平成26年度納税表彰式を行いました。

 この表彰式は、申告納税制度の普及などに尽力された方々を表彰するもので、今年度は府中管内納税貯蓄組合連合会の伊藤初枝理事、(公社)府中法人会の延岡博行理事、同法人会の藤岡孝之常任理事の3人が署長表彰を受けられた。また、府中税務署管内青色申告会連合会の石川太十郎副会長、同法人会の伊藤敏雄理事、桑木主雄理事、後藤英樹青年部会副部会長、小林正邦理事の5人と、団体功績として、府中市青色申告会、(公社)府中法人会女性部会に署長感謝状が贈られました。

 

 『第7回秋の夢吊橋ウォーク2014』が11月9日(日)、八田原ダムと芦田湖周辺で開催されました。

 参加者は、八田原ダムの湖畔の紅葉の中、5.5km(ファミリーコース)、10km(ふれあいコース)、15km(ダム湖1周コース)の3つのコースに分かれてゴールを目指しました。

 ゴール後には、地元産品が当たる抽選会なども行われ、大勢の参加者で賑わいました。

 P1180767

 リョービ㈱と同社の国内グループで組織する「リョービ環境保全委員会」は、毎年1回、芦田川の土手・河川敷の清掃活動を行っており、今年は10月24日(金)・25日(土)で実施しました。これは、社会貢献活動と社員一人ひとりの環境保全意識の高揚を図るためのもので、芦田川の土手・河川敷の他、工場周辺の道路、近隣公園などをリョービ㈱本社の社員・家族やリョービMHIグラフィックテクノロジー㈱の社員で清掃を行いました。2日間で約670人が参加し、約100㎏のゴミを回収しました。

 IMG_0700

 (特非)夢をつむいで(鵜飼町607 谷川幸也理事長)が新しく「㈱夢」を設立し、生活サポートサービスや委託販売などを行う事業を始めた。

 1人暮らしの高齢者などを対象に、食品の配達や買出し、掃除、ゴミ出し、緊急時の対応など日々の生活の中で困っていることをサポートする。また、地元で作られた生産物の委託販売も行っており、サポート先への販売やイベントへの出店を行っている。

 「福祉制度を使わずに生活のサポートが受けられる環境を作ることで、高齢者の方などの役に立ちたいと思っています。このサービスで、1人暮らしの高齢者の方が自宅で生活することができ、安否確認も含めて幅広くサポートを行うことができます。また、委託販売では地元の野菜などを仕入れて、地元の方に購入してもらう“地産地消”に取り組んでいます。今後も高齢者や青年、子ども、障害のある方がみんなで支え合う地域づくりをしていきたいと思っています。」と谷川さん。

 詳しくは、同社(℡44‐6767)へ。

  yasaiDSC_0005

テーマ 『製造現場まで踏み込み、知恵を共有して新しいものづくりを生み出していきたい』

㈱ワラビーデザイン 社長 寺延 匡昭さん

 寺延さん

 平成19年7月に設立。同年には第3回府中商工会議所新事業AWARD制度の新規創業部門で大賞(府中市長賞)を受賞。その他にもグッドデザイン賞受賞商品を6点生み出し、パワーツールや厨房器具、建設機械、インテリアなど、さまざまな領域で工業デザインの立場から商品開発の支援を行っておられます。

 

―御社について教えてください

 当社を設立する前は、東京のデザイン会社に勤務していました。設立当初は東京にいた頃と同じやり方で仕事をしていましたが、情報量や人、お金が集まる東京と地方の違いを痛感し、地方に構えるデザイン事務所の意味や意義について悩み続けました。ここでデザインビジネス成り立たせるためには何が必要なのか考えた時に、限りなく製造現場に近い次元でデザインが関わっていななければならないと考えました。

 その1つの手段として、木工、鉄工の加工現場では、CNCマシニング切削加工技術を用います、そのCNCマシニング切削加工機は、Gコードと呼ばれるプログラムで動きます。この切削プログラムまでデザイナー自らが作成し、当社のCNC加工機で試作してみる、こうすることで、製造現場とより密なコミュニケーションができるようになりました。府中市は各分野で卓越した製造技術を持っている企業がたくさんあります。主に加工業務を中心に取り組んでいる中小企業の場合は、デザインとの距離感が遠い傾向があります。当社は、実際に製造現場まで踏み込んでいき、デザイナーが現場で携わることで、デザイナーの目線と製造現場の加工の仕方、それぞれの知恵を共有することを目指しています。そこでのコミュニケーションから解決策が生まれることもあり、あえて現場に踏み込むことでお互い新しい発見や、より精度の高いものづくりが見えてきました。今後もっと深掘りし丁寧なモノ作りを目指していきたいです。既存の機械でこんなものができるんだという、ものづくりの喜びや楽しさを感じてもらいたいと思っています。 

 

―府中商工会議所に対してご意見を

 「渋谷ヒカリエ」内に個人が会社としてスペースを利用できるコワーキング・スペース「Creative Lounge MOV(モヴ)」が誕生し、異業種の人達の交流で、新しい形の働き方や出会いが生まれています。これは新しい取り組みのように思いますが、これは今まで商工会議所がしてきたことではないでしょうか。商工会議所はいろんな方が集まる場所であり、すばらしい考え方を持たれている方もたくさんいらっしゃいます。会議などの形式的なものではなく、もっと気軽に集まって雑談をするような場を作ってほしいですね。その中できっと素敵な出会いやものづくりのアイディアが生まれていくと思います。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市中須町156‐1(℡・FAX52‐6596)

事業内容 工業デザイン業(プロダクツデザイン・新商品開発の企画、コンサルティング等)

H  P http://www.wallaby-design.com/

 ㈱松創(広谷町953 松岡佳二社長)が、(公財)日本デザイン振興会主催の「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

 受賞作品の“Nadia Chair”は、府中家具工業協同組合のJAPANブランド育成支援事業で開発された㈱ジンクラモトスタジオの倉本仁氏とのコラボレーション作品。「組み木構造の技術が最大限に表せるプロポーション。適材箇所に三次元の組み合わせを見事に装飾へ取り入れてある。図面を越えたコミュニケーションが製造工程上で沢山巻き起こっていただろうと想像させる製品」と評価されました。同商品は、来年1月にドイツで開催される『ケルン国際家具見本市2015』で世界同時発売を予定しています。

 MT_Nadia_10_L MT_Nadia_02_L

「“泡でトリートメント”が今なら500円!(通常1,000円)」

 当店はヘアスタイルだけでなく、ご来店いただいた方とのコミュニケーションを大切にして心もすっきりとリフレッシュしていただけるように心がけています。このお店を、お客様にとっての「癒しの空間」にしていけたらと思っております。今なら頭皮をマッサージしながら髪にうるおいを与える“泡でトリートメント(通常1,000円)”を、年末までの期間限定で半額の500円にさせていただきます。

 また、11月28日から12月末までの間、オープン1周年記念として日頃の感謝を込めたささやかなプレゼントをご用意してお待ちしております。この機会にぜひご来店ください。

DSC_0034

事業所名 美容室美楽る

代 表 者 下見 瑞穂

所 在 地 中須町1091‐15(℡・FAX45‐1684)

従業者数 1人

事業内容 美容業

定休日 月曜日、第1・第3日曜日

営業時間 午前9時~午後7時(事前予約制)

テーマ 『からだとこころを緩めてリラックスできる空間をつくりたい』

 Aroma Shanti 代表 早川 有香さん

 早川さん

  府中商工会議所の商業空間整備事業により、今年6月、府中・町家商店(マイ・TOWNほんど~りみんなの公園横)に“アロマシャンティ”をオープン。早川代表は、JAA(日本アロマコーディネーター協会)認定のアロマコーディネーター。さらにインドの伝統的医学アーユルヴェーダにも詳しい。植物の精油(エッセンシャツオイル)を使用してこころとからだを調えて健康維持に役立てるアロマトリートメントサロン。メニューは、フェイシャルトリートメント(60分6,000円~)、ボディートリートメント(90分8,000円~)。

 

―オープンされたきっかけは

 以前、仕事の疲労から体調を崩してしまい、その時に体験したヨガやアロマセラピーなどの自然療法が体調改善に繋がりました。現代は、まだまだ女性が仕事と家事を両立させにくいのが現状で、大切な人や家族のために頑張っている女性に、からだとこころを緩めてリラックスできる空間をつくりたいと思ったのがきっかけですね。

 また、月に1回ワークショップを行っており、アロマを知っていただく機会になればと思っています。今月は11月8日(土)にみんなの公園で開催される「みんピク」に合わせて、化粧水やアロマクラフト、アロマスプレーなどお好きなものを選んでいただいて手作りするワークショップを行います。(参加費:500円~1,500円)

―心がけていることは

 施術前に行うコンサルテーション(面談)を通して、お客さまの体質や生活習慣に合わせた精油とマッサージを組み合わせ、外見だけでなく内面からこころに寄り添うケアができるように心がけております。また、人の手によるマッサージで温もりを感じながら、機械とは違う心地良さでこころもからだも調えていただきたいと思っています。

 また、日々のストレスがここに来ると軽くなったと言ってもらえるようなお店にしていくことが今後の目標ですね。お客さまがより良い生活を送るためのお手伝いができればと思います。

―府中商工会議所に対してご意見を

 商工会議所の方が仲介人となって、人と人との出会いの場や繋がりをつくるきっかけを作っていただきたいですね。また、商店街の中でコミュニティとして何かできたら良いと思います。今はワークショップなども行っていますが、イベントに合わせて何か新しい企画にも取り組んでみるなど、もっといろんなことに挑戦していきたいですね。

 

《事業所紹介》

所 在 地 府中市府中町735‐1(℡090‐1901‐0856)

事業内容 リラクゼーションサロン

営業時間 午前10時~午後7時(※前日までに予約が必要です)

定休日 水・日曜日

フェイスブック(https://www.facebook.com/pages/Aroma-Shanti/1458376361071676)

 府中のお店大賞は、会員事業所の中から、個性的で魅力ある店づくりを意欲的に行い、市民から親しまれ、 地域商業振興の発展に寄与している優良店舗を表彰するものです。
 平成26年5月1日~7月31日の間、市民から推薦を受け付け、518人の方から568通(142店舗)という多くの推薦をいただきました。その中から、府中のお店大賞審査会[審査委員長:村松潤一(広島大学大学院教授)]による審査の結果、下記のとおり受賞店2店舗が決定いたしました。

大賞 

会社名:

若葉家具株式会社 
  暮らしの音「のとこ」
HP:http://notoco.jp/event

 3omisenotoko
 

【家具・生活雑貨の販売および
      インテリア関連の提案】

代表者: 井上 隆雄
所在地:

〒726-0013
広島県府中市高木町1201-1
TEL 0847-45-5816

受賞理由
  

   昭和22年4月に個人創業した井上木工所(現在の若葉家具(株))が大量受注生産から手造り家具、デザイン家具へと経営転換を図っていく中で、平成24年12月に製販一体となるコンセプトショップ『暮らしの音「のとこ」』が開設された。家具メーカーが自社製品の披露のためにショールームを併設することはよくあり、同社においても、一般的なショールームはすでに持っていた。しかし、今回、受賞の対象となった「のとこ」は、ワークショップを開くなど、地域の消費者とのコミュニケーションをことのほか重要視しており、揃えられているのは家具だけでなく、一般雑貨にまで及んでいる。それは、安全・安心なものづくりを目指してきた家具メーカーが辿り着いた究極の経営の形であり、快適でオリジナルな住空間を提案するコンセプトショップそのものといえる。即ち、同社による「のとこ」は、産地メーカーが単なるショールームの併設を超えて挑んだものであり、新しい経営モデルを背景として誕生したお店といえる。審査にあたっては、この点が高く評価された。 

 

会社名: 平の家  hiranoya
  【お好み焼き(備後府中焼き)】
代表者: 平田 篤三
所在地: 〒726-0032
広島県府中市出口町1102
TEL 0847-41-4574
受賞理由

   創業は昭和27年であり、その後、2回の店舗移転があった。現在の場所は、平成16年度から修景保存事業が行われている石州街道出口通りにあり、民家のリノベーションを経て平成21年4月に移った。同業店ではこうした立地戦略を取ることはあまり多くなく、経営に対する強い思いが伝わってくる。当然ながら、備後府中焼きの店であることにこだわり、府中の歴史を活かした内外装となっているため、店舗は格式さえ感じられ、他の同業店とは異なり、一般消費者に留まらず、企業の接待などにも利用されるなど、幅広い客層の取り込みに成功している。また、生卵で仕上げる独自の調理法を考案し、多くの支持をえている。その甲斐あって、平成25年5月『ミシュランガイド広島2013特別版』ではコストパフォーマンスの高い食事を提供する店につけられるビブグルマン店に認定されている。経営の革新に取り組んだ「平の家」は見事に新しい経営スタイルを確立した。その意味で、地域に密着しながらも、その存在感は大きく、審査にあたっては、他が模範とすべき「お店」として、高く評価された。

 

 

講評:村松潤一審査委員長(広島大学教授)
 

  第3回「大賞」の実施に際しては、5月1日から7月31日の3ヶ月間にわたり、一般市民の皆様方からの推薦を募集したところ、518人の方から568通、142店の推薦をいただきました。
  第一回審査会(8月27日)では、二次審査の対象店(実地訪問店)として計3店舗を選定しました。そして9月(9月2日、5日)に実訪いたしました。第二回審査会(9月30日)において最終選考を行い、2店舗の受賞店が決定いたしました。
  審査は本表彰の趣旨である「個性的で魅力ある店作りを意欲的に行い、市民から親しまれ、地域商業振興の発展に寄与している優良店舗」を踏まえ、厳選かつ慎重に選考が進められました。
  過去2回と同様に、今回の推薦においても、多くの市民の皆様方に参加していただきました。推薦対象となる「お店」は、消費者が常に利用する小売り・サービス店、飲食店であり、また、この「大賞」が広く知られるようになってきたことも多くの推薦をいただいた理由と考えております。
  今回の選考では、何れも伝統を引き継ぎながらも新しいものに挑戦する姿勢、そして、地域の消費者と積極的に交流し、情報提供を行うなど独自の創造的な視点が高く評価されました。消費者の多くは、大型店ではできないこうした取り組みを求めています。受賞店にはこれを機会に、地域に根付いた存在としてだけではなく、それを超えたさらなる飛躍を期待しています。

 

 [本件担当]
府中商工会議所 産業振興チーム
TEL:0847-45-8200
FAX:0847-45-5110
mail:info@fuchucci.or.jp

 ALCE(阿字町805 前田真理子代表)がコーチングの事業を始めた。

 コーチングとは対話によって自分の考えを整理し、引き出して明確化することで、目標達成や問題解決に向けた人材開発を行うもの。また、GCS(銀座コーチングスクール)認定プロフェッショナルコーチの資格を持ち、コーチングの体験講座も行っている。

 「コーチングを通して、自分自身がどうありたいのかを一緒に掘り下げて自己基盤を確立しながら、一人ひとりの強みを伸ばしていただけたら良いなと思っています。また、意識改革や行動改革がスムーズに行えるように100%味方のコーチとしてサポートしていくことを心がけております。質問に答えながら考えを明確にし、行動の後押しがあることで自分で問題を解決し、売り上げが倍になった、コミュニケーションが上手くとれるようになり楽になった、というお客さまの声もお聞きしております。興味がある方はぜひお試しください」と前田さん。

 今なら45分のコーチング受講料5,000円〈税込〉が3,000円〈税込〉で体験できる”体験セッション”を実施している。

 詳しくは、同社(℡090‐7870‐0459)へ。

 ALCE

▲ページトップ