FUCHU FURNITURE [ JAPAN ]


株式会社松創

現代では、色々な生産技術を混えて量産の時代となり、その結果色々な形の装飾がたくさんあふれています。そこで本当に良い装飾とは何か、装飾というものの本質にさかのぼってみつめなおしてみるという意味で、アール・デコという芸術様式(1920~1930の様式)に着目し、家具のデザインに「豊かな単純さ」、シャープな形態と明快な色彩、どこか無骨なやさしさ、手仕事のあじわいと入りまじった感覚を取り入れています。素材として、世界の銘木と言われる特殊材を集め、世界に一つしかない杢(もく)を使用して高級家具の製作をしております。
材質:マーブルウッド(ニレ科) 表面はビロードに極似している。強烈で三次元の見え方により、特に装飾的な見た目が顕著です。

ベット
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):2086×1740×1200mm
ヘッドボードの高さをやや高めにとり木部の見える面積を広く取ったデザイン

ナイトテーブル
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):550×450×500mm
上がオープン、下が引き出しで引き出しに取っ手の金具を付けないすっきりとしたデザイン


サイドボード
材質:マーブルウッド
サイズW×D×H):1800×480×900mm

扉全体の廻りに隙間を設けて扉に象嵌を施した、取っ手の金具を付けないすっきりしたデザイン

ダイニングチェアー
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):610×610×980mm

扉全体の廻りに隙間を設けて扉に象嵌を施した、取っ手の金具を付けないすっきりしたデザイン

ダイニングテーブル
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):2200×1100×721mm

象嵌を施した天板と曲線の脚
 

ダイニングテーブル
材質:マーブルウッド
Size(W×D×H):2200×1000×700mm

象嵌を施した天板と曲線の脚

エミールTVボード№1
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):2700×530×1674mm

65型迄のプラズマ、液晶TVを設置できる天板と両サイドに乗せた丸い飾り棚、象嵌を施した扉。

エミールカップボード№1
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):1744×450×2000mm

前面の大きく柔らかい曲線と象嵌を施した扉。

エミールダイニングチェアー (アームレス)
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):450×560×1010mm
個性的な背板フレームのデザイン。

エミールダイニングチェアー№2(アーム)
材質:マーブルウッド
サイズ(W×D×H):584×595×1010mm
個性的な背板フレームのデザイン。


RAKU Collection  
日本の伝統技術を生かした指物技術で家具素材は桐、欅(けやき)を使用し塗装は漆塗りを施して仕上ております。又、取っ手も漆の焼付塗装を施しております。抽斗(ひきだし)の精度については世界一と言われる技術を駆使して仕上げております。
楽(№3)
材質:桐(漆塗り)
サイズ(W×D×H):944×494×653mm

楽(№12)
材質:桐(漆塗り)
サイズ(W×D×H):1084×494×933mm

Raku(RK-03)
Material:Paulownia(Japan Lacquer finish)
Size(W×D×H):744×494×1084mm

TAKUMI Collection  
江戸時代から明治時代あたりまでの和箪笥(時代箪笥)を手本に創作したものです。実用的な機能性、その機能性ゆえにかもし出される外観的な機能美堅牢さ、又仙台箪笥との違いは金具が対照的ですっきりしています。金具に鉄ではなく真鍮を使用したのは装飾性を重視し酸化しにくいものにする為です。民芸品というよりも数奇屋風を心がけ、日本独特の美しい家具にしました。表面材は日本伝統の欅材の杢目を使用し、塗りは漆塗り技法で杢目の美しさを十分に生かしています。それは月、日が経過するにしたがい出来上がった頃よりも一層鮮明さを増し独特の風格を生じます。工法的には狂いの多いダボ及び金釘は使用せず手作りの良さを生かした和家具方式です。蟻組、ホゾ加工そして木釘を使用し堅牢な作りにしています。抽斗の精度については桐材を使用し世界一と言われる技術を駆使して仕上げています。
階段箪笥
材質:欅
サイズ(W×D×H):1130×460×1165mm

階段の側面から収納ができる様になったもの。

車箪笥
材質:欅
サイズ(W×D×H):1000×550×1258mm

移動用の車輪が付いたもの。